Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」 | GameBusiness.jp

Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

ゲーム開発 その他


先日、閉鎖が明らかとなったElectronic Artsの開発スタジオVisceral Gamesですが、元スタッフのZach Wilson氏が2011年に発売された『Dead Space 2』の失敗を語りました。

Wilson氏のツイートによれば、『Dead Space 2』の予算は6,000万ドルであったのに対し販売本数は400万本で、「十分ではなかった」とのこと。どれだけの利益が出たのかは不明なものの、EAの期待には及ばなかったようです。ちなみに前作の予算は推定3,700万ドル、また同じ年に発売され3ヶ月で700万本を販売した『Mass Effct 2』の予算は約4,000万ドルと推測されています。

2013年に発売され、Co-op機能を搭載した続編『Dead Space 3』ではゲームプレイをアクション寄りに方向転換するとともに、マイクロトランザクションが導入され話題となりましたが、今回の話を聞いてそうした経緯にも合点がいくのではないでしょうか。



なお、Wilson氏はValveがSteam配信タイトルの売上げから30%のマージンを取ることを挙げ、パブリッシャーが独自のデジタルストアを立ち上げる理由も示しています。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら