『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBANしたことが明らかに | GameBusiness.jp

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBANしたことが明らかに

ゲーム開発 インディー

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN
  • 『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN
『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のクリエイティブディレクターBrendan Greene氏は、本作中のチーターを15万人以上BANした、と報告しました。

本作は、アンチチートシステム「BattleEye」を採用していますが、2017年3月のSteam早期アクセス版リリース以降、実に15万人以上のチート使用者をBAN。また、直近24時間でのBAN人数も8,000人以上に及んでおり、継続的にチート使用への取り締まりが行われていることが確認できます。

なお、『PUBG』の開発元Blueholeは、チート以外の不正行為防止にも力を入れており、9月14日に配信されたばかりの最新アップデートでは、ゲームを遊ばずに放置して、ゲーム内通貨を貯めていく「BPファーミング」が行えないようになりました。

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN

《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら