アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り | GameBusiness.jp

アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り

FOW Interactiveは、アダルト宇宙RPG『Subverse』の早期アクセスを取りやめることを発表しました。

ゲーム開発 インディー

FOW Interactiveは、アダルト宇宙RPG『Subverse』の早期アクセスを取りやめることを発表しました。

Kickstarterでの支援額が2億円を突破し、大きな成功を収めた本作。早期アクセスを取りやめた理由は4点挙げられています。


  • シングルプレイヤーでストーリー重視のRPGは早期アクセスを利用しない傾向にあるため。早期アクセスは、FPSやローグライク、MMOといったゲームプレイのループが存在するジャンルや、大規模なオンライン要素が含まれている作品に適していて、そのテストが必要な場合によく利用される。

  • 4,500人のベータテスターがおり、ゲームプレイの調整をするには十分であるため。

  • 『Subverse』はストーリー重視のゲームであり、全体を通してひとつの体験であるため。チャプターごとに区切り、勢いが削がれるのは痛手となってしまう。

  • 「完成版」と「早期アクセス版」ではクオリティにはっきりと差が出てしまうため。



本作がウィッシュリスト数で世界13位を誇っていることもあり、この決定は軽いものではなかったと語られています。なお、今回の決定がクローズドベータに影響することはなく、そちらは予定通りに行われるということです。また、クローズドベータ開始に伴ってYouTubeでゲームプレイフッテージを公開すると予告。ベータテストに参加できずとも気を落とさないでほしい、としています。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら