GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ | GameBusiness.jp

GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ

ゲーム開発 人工知能

GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ
  • GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ
人間のプロ相手に勝利した囲碁プログラム「Alpha GO」を生み出したGoogleのAI研究企業“DeepMind”は、新たにBlizzard Entertainmentと提携し、『StarCraft II』向けの学習型AI研究を開始すると発表しました。

AIの限界を押し上げていくことを目標としている同社。過去には「Alpha GO」以外にも、ATARI 2600のゲームをプレイする学習型AI「DQN」などを開発しています。

BlizzCon 2016での同社発表によると、今回『StarCraft II』向けのAI研究を開始する理由として、『StarCraft II』に必要とされるスキルが、将来的に現実世界の乱雑さをAIで処理するための良い橋渡しになるとのこと。『StarCraft II』は同じ対戦ゲームであってもチェスや囲碁などと違い、プレイヤーがすべての情報を得ることができない点とリアルタイム戦略ゲームであることを述べました。また、「基地を作る」といった単純な行動であってもマウスクリックやカメラ、リソースの調整が必要となり、それがAIの強化学習に対し挑戦的な側面である、アクションと階層的な計画を生み出していることを挙げています。

Blizzardは、このAI研究目的用に改造を施された『StarCraft II』を2017年にリリースする予定です。また、日本時間11月6日に、本試みについて更に詳しい内容を語るパネルセッション“DeepMind and StarCraft II Deep Learning”の開催が、BlizzCon 2016内にて予定されています。
《Arkblade》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら