ゲームAIニュースまとめ | GameBusiness.jp

ゲームAIに関するニュースまとめ一覧

ゲームAI 最新ニュース

もっと見る
GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ 画像
ゲーム開発

GoogleのAI技術“DeepMind”がBlizzardと提携、『StarCraft II』で活用へ

11月5日より開催のBlizzCon 2016において、人間のプロ相手に勝利した囲碁プログラム「Alpha GO」を生み出した、GoogleのAI研究企業“DeepMind”は、Blizzardと提携し、『StarCraft II』向けの学習型AI研究を開始すると発表しました。

マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究―今夏オープンソースで公開予定 画像
ゲーム開発

マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究―今夏オープンソースで公開予定

その多様性から教育分野でも活躍しているサンドボックスゲーム『Minecraft』ですが、2014年にデベロッパーMojangを買収したMicrosoftは、人工知能の研究として同作を使用することを明らかにしました。

「無理手や悪手を再検討する動きも」・・・人工知能・アルファ碁に、人間側が初勝利 画像
ゲーム開発

「無理手や悪手を再検討する動きも」・・・人工知能・アルファ碁に、人間側が初勝利

Google傘下のDeepMindが開発した最強の人工知能「アルファ碁」(AlphaGo)と、世界最強のプロ棋士と呼ばれる「李世ドル」氏の対局(全5局)は、3月12日に李世ドル氏が3敗目を喫し、負け越しが決定。多くの人たちが落胆したが、翌13日、ついに李世ドル氏が勝利した。

ポケモン新作ゲームはAIと共闘するボードゲーム 人工知能を研究するHEROZと共同開発 画像
ゲーム開発

ポケモン新作ゲームはAIと共闘するボードゲーム 人工知能を研究するHEROZと共同開発

株式会社ポケモンとHEROZは iOS/Androidアプリ『ポケモンコマスター』を発表しました。

【CEDEC 2015】『FINAL FANTASY XV -EPISODE DUSCAE-』のゲームAIはこう作られた~巨人の肩に乗るスクエニ開発陣の壮大な挑戦 画像
ゲーム開発

【CEDEC 2015】『FINAL FANTASY XV -EPISODE DUSCAE-』のゲームAIはこう作られた~巨人の肩に乗るスクエニ開発陣の壮大な挑戦

「巨人の肩に乗る」……あらゆる研究開発で共通する考え方です。ゲームAIについても同様で、PS3世代から「コンピューティングパワーの増加」「FPSという統一フォーマットの形成」「産学連携の推進」などを背景に、さまざまな研究が行われ、共有されていきました。

Google、ゲームを自己学習する人工知能を開発―脅威の「DQN」アルゴリズム 画像
その他

Google、ゲームを自己学習する人工知能を開発―脅威の「DQN」アルゴリズム

昨年Googleによって買収された人工知能開発会社Deep Mind。同社が開発した「自らゲームルールを学習する人工知能(以下AI)」の驚くべき成果が英科学誌ネイチャーで発表され、話題になっています。

Facebook、自然言語処理を手がけるスタートアップのWit.aiを買収 画像
その他

Facebook、自然言語処理を手がけるスタートアップのWit.aiを買収

米 Facebook が、自然言語処理ソフトを開発するスタートアップの Wit.ai を買収した。金額や条件などは明らかにされていない。

【GDC 2014】Irrational Gamesが『バイオショック』のエリザベスに人間性を与える方法を説明 画像
その他

【GDC 2014】Irrational Gamesが『バイオショック』のエリザベスに人間性を与える方法を説明

GDC 2014でIrrational GamesのJohn Abercrombie氏が『 BioShock Infinite 』で最も重要視されたキャラクター、エリザベスの制作過程と「人間性」について語りました。どのようにして、みんなに愛されるエリザベスに進化したのか、別の世界だったらどのようなエリザベス

【GDC 2014】シムも
その他

【GDC 2014】シムも"ながら動作"が可能に『ザ・シムズ4』が取り組むAIシステム

2014年秋に発売予定の『ザ・シムズ4』。発売はまだ先になりますが、GDC 3日目の17時よりEA/マクシスのPeter Ingebretson氏は「Concurrent Interactions in The Sims 4」と題して今回はじめて導入されるシムの「ながら動作」を実現したAIシステムについて講演しました。

【GDC 2013 Vol.84】3年の投資の結実『アサシンクリードIII』が実装したプロシージャルアニメーション 画像
その他

【GDC 2013 Vol.84】3年の投資の結実『アサシンクリードIII』が実装したプロシージャルアニメーション

大ヒットを記録した昨年を代表する作品である、ユービーアイソフトの『アサシンクリードIII』。舞台をアメリカ大陸に移し、独立戦争を描いた物語も注目されましたが、テクノロジー的にも大きな進化を遂げた作品です。GDC 2013の初日、トップバッターとして開催されたAI

【GDC 2013 Vol.79】『XCOM Enemy Unknown』の個性を演出する敵AI 画像
その他

【GDC 2013 Vol.79】『XCOM Enemy Unknown』の個性を演出する敵AI

Firaxis Gamesによって開発され、2K Gamesよりリリースされた『XCOM Enemy Unknown』は、今年のGDCでClassic Game Postmortemに取り上げられている古典の名作『X-Com UFO Defence』をリメイクしたものです。非常に高い評価を受けている本作、そのAIシステムについてFira

まるでゲームAIの大統一理論/次世代ゲームAIのアーキテクチャとは?・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012 画像
その他

まるでゲームAIの大統一理論/次世代ゲームAIのアーキテクチャとは?・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

スクウェア・エニックス オープンカンファレンスで11月24日、リードAIリサーチャーの三宅陽一郎氏は「次世代ゲームAIアーキテクチャ2012」と題して講演しました。三宅氏は開発中のゲームエンジン「ルミナススタジオ」で、ゲームAI分野の設計を主導しており、講演ではそ

【CEDEC 2012】次世代キャラクターAIの構築に必要な理論と知識とは 画像
その他

【CEDEC 2012】次世代キャラクターAIの構築に必要な理論と知識とは

日本が後塵を拝しているこの分野で海外へ向けて盛り返すべく、次世代AIの構築に必要な理論や概念について、スクウェア・エニックスのリードAIサーチャーである三宅陽一郎氏が「次世代ゲームと人工知能」と題したセッションを行いました。

【CEDEC 2012】「アニメーションTA」とは!? AIとアニメの融合が生み出すキャラクターの次なるリアリティ 画像
その他

【CEDEC 2012】「アニメーションTA」とは!? AIとアニメの融合が生み出すキャラクターの次なるリアリティ

高度化するAIとアニメーションは相互作用を強めています。次世代に向けて、より賢いAI、よりリアリティのあるアニメーションには、思考と身体がゲームの中でも関わり合う事が必須と考えられます。CEDEC3日目の「クロスボーダー『AI×アニメーション』パネルディスカッシ

WEB+DB PRESS Vol.68に「ゲームAI特集」・・・三宅氏が執筆 画像
その他

WEB+DB PRESS Vol.68に「ゲームAI特集」・・・三宅氏が執筆

WEB+DB PRESS Vol.68 に「ゲームAI特集」(特集3、32ページ、著者:三宅陽一郎) が掲載されています。ゲームAIの基本について解説されています。

【GDC2012】究極の都市育成シミュレーションを目指す『シムシティ』を支える「GlassBox」エンジン 画像
その他

【GDC2012】究極の都市育成シミュレーションを目指す『シムシティ』を支える「GlassBox」エンジン

GDC初日に電撃的に発表された『シムシティ』。約10年ぶりの新作に当たって「マクシス」は新たなエンジン「GlassBox」を引っさげ、究極の都市育成シミュレーションを作ろうとしています。さっそくこのエンジンについてエレクトロニック・アーツのOcean Quigley氏とAndrew

【GDC2012】ジンガの『CityVille』に実装されたシンプルかつ分かりやすいNPCのAI 画像
その他

【GDC2012】ジンガの『CityVille』に実装されたシンプルかつ分かりやすいNPCのAI

GDC初日の「AI Summit」にて実施された「Managing the Masses: Crafting AI for Online Games」のセッションの中で、ジンガのRobert Zubek氏は人気のソーシャルゲーム『CityVille』に実装された、NPCのAIについて紹介しました。

ハイレベルAIを提供する「GRIP」を日本初公開〜Autodesk GAMEWARE Seminar 2012 画像
その他

ハイレベルAIを提供する「GRIP」を日本初公開〜Autodesk GAMEWARE Seminar 2012

DCCツールで業界標準の地位にあるオートデスクですが、ゲーム分野ではScaleformやBeastの買収や自社開発を通じてミドルウェアも強化。「Autodesk GAMEWARE」として展開を進めています。20日に開催された「Autodesk GAMEWARE Seminar 2012」では各種ミドルウェアやその採

オートデスク、AI技術のGRIP Entertainmentを買収 画像
その他

オートデスク、AI技術のGRIP Entertainmentを買収

オートデスクは、AI技術のGRIP Entertainmentを買収すると発表しました。金額等の詳細は明らかにされていません。

AI技術のXaitment、160万ドルを調達し新技術に投資 画像
その他

AI技術のXaitment、160万ドルを調達し新技術に投資

AI技術を提供する Xaitment が160万ドルを新たに調達したと が報じています。

  • 30件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ