NVIDIA GameWorks VRにUnreal Engine 4が対応―VRデバイスでフレームレート50%向上 | GameBusiness.jp

NVIDIA GameWorks VRにUnreal Engine 4が対応―VRデバイスでフレームレート50%向上

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

NVIDIA GameWorks VRにUnreal Engine 4が対応―VRデバイスでフレームレート50%向上
  • NVIDIA GameWorks VRにUnreal Engine 4が対応―VRデバイスでフレームレート50%向上
  • NVIDIA GameWorks VRにUnreal Engine 4が対応―VRデバイスでフレームレート50%向上
NVIDIAは、Epic Gamesと提携し「GameWorks VR」技術をUnreal Engine 4へ導入したと発表しました。

今回導入された技術は、フレームレートを50%向上させる“Multi-Resolution Shading(MRS)”で、ユーザーが見ているイメージの中心を高解像度で、それ以外の周辺を低解像度で描写します。この「GameWorks VR」は同社が2015年6月に発表したもので、MRS以外にも“VR SLI”や“Context Priority”、“Direct Mode”、“Front Buffer Rendering”の技術が同梱されています。

なお「GameWorks VR」はEpic Games以外にもValveやHTC、Oculus VRなどからフィードバックを受け取っているため、今後対応した他のエンジンが登場するかもしれません。
《G.Suzuki》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら