スクウェア・エニックス、DX12使用の美麗リアルタイム技術デモを披露―米イベント「Build 2015」で | GameBusiness.jp

スクウェア・エニックス、DX12使用の美麗リアルタイム技術デモを披露―米イベント「Build 2015」で

その他 その他

スクウェア・エニックスは、米国サンフランシスコで開催中の「Microsoft Build Developer Conference」でDirectX 12技術デモ「WITCH CHAPTER 0 [cry]」を披露しました。





技術デモ「WITCH CHAPTER 0 [cry]」は、2012年6月に発表された「Luminous Studio」の技術デモ「Agni's Philosophy - FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO」のメンバーが中心となり、マイクロソフトとNVIDIAの協力によって制作されたものです。映像は、「Agni's Philosophy」で登場した女性が泣く姿を映しており、リアルタイムなライティングの変化や肌の質感を解説しています。

また、会場で使用されたPCはGTX TITAN Xの4-way SLIを搭載しています。

なお、この技術デモによって得られた研究成果はゲームエンジン「Lminous Studio」に盛り込まれることで、後のゲーム開発に活用される予定です。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら