『God of War』を生み出したSCE Santa Monicaスタジオでレイオフが実施、プロジェクト1つが中止との兆しも | GameBusiness.jp

『God of War』を生み出したSCE Santa Monicaスタジオでレイオフが実施、プロジェクト1つが中止との兆しも

その他 その他

『The Order: 1886』など他スタジオの開発タイトルをサポートするほか、未発表のPS4向けタイトルを独自に開発中とされているSCE Santa Monicaスタジオ。海外メディアIGNにて同スタジオでレイオフが行われたとの独自ニュースが報じられ、これに対応してSCEAがそれを認めた公式声明を発表しました。

IGNの情報からもSCEAの公式声明からも、その規模は明らかとなっていない今回のSony Santa Monicaスタジオにおけるレイオフ。一方で独自の情報筋から調査したIGNは、今回のレイオフに合わせて1つのプロジェクトがキャンセルされた兆しが見えたと伝えており、その内情に注目が集まるところとなっています。

SCEAは公式声明にて「SCEAはSanta Monicaスタジオで従業員の削減を完遂したと明らかにします。これはSCE WWSの優先する成長範囲に対した、リソース再調整のサイクルによる結果です」とコメント。レイオフの決断は軽いものでは無かったものの、スタジオの将来的なプロジェクトのために必要な行為であると説明し、また今回の影響でスタジオを離れた社員には再就職や解雇手当などでサポートしていくとしています。

『God of War』シリーズを生み出したSony Santa Monicaスタジオは、2013年3月にリリースした『God of War: Ascension』がその手で手がけた最後のタイトルとなっており、現在はPlayStation 4向けの未発表タイトルを開発していることが昨年8月に明らかとなっています。また同じく2013年8月には初代『God of War』を生み出した1人Cory Balrog氏がスタジオへの復帰を果たし、さらに今年1月末には4倍から5倍にもなる新規スタジオへと規模を拡大したとのニュースが海外メディアVarietyにて報じられていました。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら