PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ | GameBusiness.jp

PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ

開発サポートを主に行うスタジオが移植を担当。

ゲーム開発 その他
PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ
  • PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ
  • PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ

先日発表されたPC版『ゴッド・オブ・ウォー』ですが、移植を担当するスタジオはオリジナル版を開発したSIEサンタモニカスタジオとは異なるようです。

このPC版では、オリジナル版よりグラフィック面などが強化されています。また4Kやウルトラワイドスクリーン、NVIDIA DLSSやReflexといった機能にも対応します。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの担当者が海外メディア・Ars Technicaに語った内容によると、今回移植を担当するのはSIEサンタモニカスタジオではなく、カナダのJetpack Interactiveというスタジオ。サンタモニカスタジオは監修を手掛けるとのことです。

公開されている開発実績では、『NBA LIVE』シリーズのサポートや『DARK SOULS』のSteamアップグレードエンジニアリングサポート、PS4版『Orcs Must Die!』の移植、Amazon Game Studiosの未発売パズルプラットフォーマーなど、既存タイトルの開発サポートを主として携わってきたようです。

SIEは2021年7月、PC移植を得意とするスタジオ・Nixxes Softwareを買収し、自社タイトルのPCゲーム進出に注力するのではないかと予想されていましたが、今回は異なるスタジオが担当するようです。

PC版『ゴッド・オブ・ウォー』は、Steam/Epic Gamesストア向けに2022年1月15日発売予定。価格は4,900円で、すでに予約購入が開始しています。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら