VRヘッドセット「Oculus Rift」、7500万ドルを調達し消費者向け製品に全力 | GameBusiness.jp

VRヘッドセット「Oculus Rift」、7500万ドルを調達し消費者向け製品に全力

その他 その他

デベロッパー向けの提供が進む、更に期待が高まっているVRヘッドセットの「Oculus Rift」。同製品を開発するOculus VR社は追加で7500万ドルを調達し、消費者向け製品の準備を本格化させるとのこと。The VergeのインタビューでCEOのブレンダン・イリブ氏が明らかにしました。

「消費者向け製品のリリースに取り掛かるには非常に多くの費用が必要です」とイリブ氏はコメント。ハードウェアの生産はもちろんのこと、Oculus Riftをサポートする開発者の支援にも取り組んでいくと話しています。ちなみに、Oculus Riftはこれまでに開発者向けに4万台が出荷されたそうです。

さらに、ウェブブラウザ「Mosaic」「Netscape Navigater」の開発者として知られるマーク・アンドリーセン氏が取締役会に加わったことも明らかにされています。先日にはid Softwareの創業者であるジョン・カーマックもフルタイムで同社に加わっています。

Oculus Riftのレビューなどは過去の記事を参照ください。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら