Grood、ソーシャルゲームを対象にした外国語音声提供サービスを開始 | GameBusiness.jp

Grood、ソーシャルゲームを対象にした外国語音声提供サービスを開始

その他 その他

株式会社Grood  が、同社が提供中の音声クラウドソーシングサービス「  Voip!  」にて法人・個人を対象に英語や中国語などの外国語音声のオンライン提供を開始した。
  • 株式会社Grood  が、同社が提供中の音声クラウドソーシングサービス「  Voip!  」にて法人・個人を対象に英語や中国語などの外国語音声のオンライン提供を開始した。
株式会社Groodが、同社が提供中の音声クラウドソーシングサービス「Voip!」にて法人・個人を対象に英語や中国語などの外国語音声のオンライン提供を開始した。

「Voip!」は今年1月よりスタートした、ソーシャルゲームや恋愛ゲームのキャラクターボイスや電子書籍の読み上げ、幼児・年配者向けコンテンツ、動画ナレーション作成などの様々なニーズに対して音声を初期費用無料・成果報酬型で提供するサービス。

今回新たに提供される外国語音声提供サービスは、9,000ワード以内の文章であれば最長でも発注の翌日から数えて3営業日以内に納品できるというもので、英語や中国語だけでなく、スペイン語・フランス語・イタリア語などの音声も提供可能。同社ではサービスの対象として教育・出版・翻訳・ソーシャルゲーム業界などの企業を主に想定しているが、企業だけでなく個人学習者も同サービスを利用でき、従来は困難だったプロのネイティブによる高品質な外国語音声素材の作成を安価で利用できるという。

注文は全てオンライン上で行え、近日中にクレジットカード決済機能の実装を予定している。さらに今後は翻訳やネイティブチェックなどのサービス提供の開始も想定しているとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら