スクエニがクラウドゲーミングサービス「Core Online」を開始、『Hitman』等が無料プレイ可能に | GameBusiness.jp

スクエニがクラウドゲーミングサービス「Core Online」を開始、『Hitman』等が無料プレイ可能に

その他 その他

本日スクウェア・エニックスはクラウドゲーミングサービス「Core Online」を開始しました。Core Onlineはスクウェア・エニックスの対象タイトルをブラウザ上でプレイする事が可能となり、現在ローンチタイトルとして『Hitman: Blood Money』と『Mini Ninjas』が公開されています。

本サービスではゲーム開始後の10分間無料でプレイをする事が可能となり、制限時間終了後はステージ度に0.49ドルもしくは4.99ドルでのフルゲームアンロックを行う事でゲームの継続が可能。また、課金の他にも広告を観覧する事によって最大60分プレイ時間を延長する事も出来るので課金をしなくてもエンディングまでプレイする事も可能。その他にもクラウド上でのセーブデータ保存や、タイトル毎の実績、PDFのマニュアル等も用意されているようです。

現在は上記2作品のみの公開となりますが、近日中には『Tomb Raider:Underworld』、『Gyromancer』の配信も予定されているようなので、今後のどのようなサービスが展開していくのか期待が集まっています。尚、プレイに必要なクライアントも公式ページにて無料で公開されているので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら