データホテルがクラウドゲーミングサービスに参入・・・今夏に「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」をリリース | GameBusiness.jp

データホテルがクラウドゲーミングサービスに参入・・・今夏に「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」をリリース

その他 その他

株式会社データホテルが、FMC(Fixed Mobile Convergence)アプリケーション分野のソフトウェア技術を有する台湾のubitus Inc.と提携し、今夏を目処に「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」の提供を開始すると発表した。

クラウドゲーミングとは、PCやゲーム機で遊んでいたゲームソフト本体やプレイデータの保存等をクラウド上のサーバーで持ち、端末にゲームソフトをインストールすることがなく、インターネット経由のゲームプレイ環境を実現させる技術。

クラウド側でゲームの実行やプレイデータの保存が行われるため、ユーザーは今まで行っていたゲーム端末へのゲームメディアの挿入やゲームソフトのダウンロード・インストールが不要となり、インターネットを通じて多くのゲームタイトルが気軽にプレイができ、自宅から移動しても様々な場所でゲームの続きを楽しむことが可能となる。ユーザー側では、ゲーム操作が可能なコントローラーとゲーム映像を表示する環境があればゲームができるので、従来のゲーム端末に比べて高い処理性能を持たない安価なPCやタブレット、インターネットテレビといった様々なデバイス端末が同じゲームを一緒にプレイすることができる。

ゲームを提供するゲームメーカーは、クラウドゲーミングを採用することにより、ゲーム端末側の実行環境の互換性やゲームの不正コピーを気にする必要がなくなるほか、クラウド上にあるゲームプログラムを更新するだけでアップデートが完了するため、多くのユーザーへのアップデート対応が簡単になる。

今回の提携により、ubitusとデータホテルは共同で「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」を構築。また配信プラットフォームは、国内約1800店舗のインターネットカフェ向けにコンテンツ配信を行う株式会社メディエーターが今秋提供予定のインターネットカフェ向けクラウドゲーム配信サービス「Picoon! Game(ピコーン!ゲーム/仮称)」にて適用を予定している。

なお、データホテルでは6月13日〜15日に開催する「Interop Tokyo 2012」の出展ブースにて「クラウドゲーミング・プラットフォーム by ubitus」のデモンストレーションを展示予定とのこと。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら