グーグル、3DCGツール「SketchUp」を売却 | GameBusiness.jp

グーグル、3DCGツール「SketchUp」を売却

その他 その他

米Googleが、同社が提供する3DCGツール「  SketchUp  」をGPS開発企業の  Trimble  に売却すると発表した。
  • 米Googleが、同社が提供する3DCGツール「  SketchUp  」をGPS開発企業の  Trimble  に売却すると発表した。
米Googleが、同社が提供する3DCGツール「SketchUp」をGPS開発企業のTrimbleに売却すると発表した。

「SketchUp」はGoogleが2006年にLast Softwareを買収して獲得した無料の3DCGツール。ユーザーはSketchUpを使って自由にモデリングしてそのデータを投稿・共有できるほか、作った建築物の3DCGをGoogle Earthに配置することができる。

しかしGoogleによれば、「SketchUpはGoogleよりTrimbleに加わった方がよりコアなコミュニティに集中できる」とのこと。但しGoogleは今後もTrimbleと提携しつつSketchUpの提供を継続していく。またTrimbleでは法人向けの有料版の提供も検討しているとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら