電子ゲーム機の操作器関連の特許、総合ランキングトップ3は任天堂・コナミ・ソニー | GameBusiness.jp

電子ゲーム機の操作器関連の特許、総合ランキングトップ3は任天堂・コナミ・ソニー

その他 その他

特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。
  • 特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。
  • 特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。
  • 特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。
特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。

1993年〜2012年1月末の期間に日本の特許庁で公開された関連特許983件が対象で、現在と2006年末の2つの時点で調査を実施。各時点での競合状況を特許の質と量からカウントして「特許総合力ランキング」を集計したものとなっています。

その結果、1位が「任天堂」、2位「コナミデジタルエンタテインメント」、3位「ソニー・コンピュータエンタテインメント」という結果となりました。

1位の任天堂の注目度の高い特許としては、「操作器の動きを操作情報としてゲーム空間の状態を変化させるゲームシステムおよびそれに用いられるゲーム情報記憶媒体」などがありました。また直近5年間でみると、任天堂の権利者スコア(特許総合力)および出願件数が大きく増加しており、任天堂はこの分野に力を入れていることが判明したとのことです。

2位のコナミデジタルエンタテインメントの注目度の高い特許には、「野球ゲームにおいて接触入力式のモニタに表示されたキャラクタを迅速に移動させて操作感を向上させたゲームプログラム、ゲーム装置およびゲーム方法」などがあります。

3位のソニー・コンピュータエンタテインメントは、「ゴルフゲームのショット操作におけるパラメータ設定方法、パラメータ設定プログラム、パラメータ設定プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体、エンタテインメント装置」などがあげられていました。

それ以外では、4位「セガ」の「複雑なゲーム操作でも簡単に把握できるゲーム装置」、5位「バンダイナムコゲームス」の「ゲームコントローラによる複雑な操作手順を簡易に修得するためのゲーム画面表示方法、ゲーム音出力方法およびゲーム装置」などが、注目度の高い特許としてあげられるとのことです。なお6位以下には、キャメロット、新世代、スクウェア・エニックス、ソニー、バンダイ、マイクロソフト等の企業が上位にランクしています。
《富岡昌》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら