話題のAmeroadで、去年のGDCレポートを販売開始しました | GameBusiness.jp

話題のAmeroadで、去年のGDCレポートを販売開始しました

その他 その他

少し前にアメリカでGumroadというサイトが立ち上がり、日本でもAmeroadというサイトが立ち上がりました。これはデジタルコンテンツを販売するためのサービスで、誰でも簡単に利用できます。
  • 少し前にアメリカでGumroadというサイトが立ち上がり、日本でもAmeroadというサイトが立ち上がりました。これはデジタルコンテンツを販売するためのサービスで、誰でも簡単に利用できます。
  • 少し前にアメリカでGumroadというサイトが立ち上がり、日本でもAmeroadというサイトが立ち上がりました。これはデジタルコンテンツを販売するためのサービスで、誰でも簡単に利用できます。
  • 少し前にアメリカでGumroadというサイトが立ち上がり、日本でもAmeroadというサイトが立ち上がりました。これはデジタルコンテンツを販売するためのサービスで、誰でも簡単に利用できます。
少し前にアメリカでGumroadというサイトが立ち上がり、日本でもAmeroadというサイトが立ち上がりました。これはデジタルコンテンツを販売するためのサービスで、誰でも簡単に利用できます。

電子書籍、というと少し敷居が高いのですが、これらのサイトではPDFでもパワーポイントでも、あるいは画像や音声といったものなど、デジタルファイルであれば数十秒の手間で値段をつけて公開できます。

こりゃ面白そう、ということで早速GameBusiness.jpでも販売を開始しました。といっても何を売ろうと悩んだ結果、昨年のGDCのセッションレポートをPDFにまとめたものを販売することにしました。全てウェブサイトで無料で公開されているものではありますが、iPadなどタブレット端末などで見やすいようにレイアウトをしています。GDCに行かれる方は飛行機の中で去年を振り返る、なんてのはいかがでしょうか。

内容はセッションのレポートを約30本ほど収録していて、全部で50ページほど。

こちらからチェック→GDC2011総集編(Ameroad)

ゲームデザインからソーシャルゲームやスマートフォン、それから去年の特徴だったクラシックゲームのPostmortemまで。パラパラとめくっていると昨年の雰囲気が思い出されます。流れが早いゲーム業界、中には遠い昔のような内容もあったりして楽しいですね。

値段は100円で、PayPal、Googleウォレット、ビットキャッシュで決済できます。缶コーヒー一杯分です。反応が良いようでしたら今年も作ろうかなーと思ってます。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら