IGDA日本のGDC2011報告会、16日@HAL東京 | GameBusiness.jp

IGDA日本のGDC2011報告会、16日@HAL東京

その他 その他

IGDA日本は震災の影響で延期になっていたGDC2011の報告会を16日にHAL東京にて開催します。




IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)は、GDC2011報告会を2011年4月16日(土)に開催いたします。3月19日に開催予定でありながら、震災の影響で延期になっていたGDC報告会のスケジュールの変更を行ったものです。多くの皆様のご参加を頂ければと思っています。

■日時 :2011年4月16日(土) 13:00-18:00(受付時間12:30-14:00)懇親会 18 : 30-
■場所 :HAL東京 31階教室
アクセス(入口は2階エントランスより、30階へとエレベータ移動後、1階階段)
■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
■定員 :180名 (ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます。他業種、学生など現ゲーム開発者でない方の参加も歓迎します)
■参加費:
研究会のみ 2,000円(入場券チケットを購入して下さい)
研究会および懇親会の両方に参加 5,500円(全席自由チケットを購入して下さい)
■チケット販売終了日:2011年4月14(木)18:00 
■申し込み方法:    
※チケットの販売開始は、「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。詳しくは、後述の情報をご覧下さい。
■プログラム
<講演者は予定・断りなく変更が入る場合があります 各講演30分程度を予定>
新清士(IGDA日本・ジャーナリスト)
「GDC全体のトレンド・IGDAの動きの紹介」
李紹輝(東京大学)
「ゲームデザインワークショップを中心に」
村瀬龍馬(インディペンデントデベロッパー)
「GDCでのインディゲームのトレンド」

<休憩>

小野憲史(IGDA日本SIG-Glocal世話人・ジャーナリスト)
「Localizaton Summitなど」
南野真太郎(ポリゴンマジック)
(未定)
佐藤カフジ(ジャーナリストなど)
「ハイエンド系ゲーム開発セッション」

<休憩>

三宅陽一郎(IGDA日本)
「AI関連セッション紹介」
西川善司(ジャーナリスト
「ハイエンド技術系トレンドの紹介」

チケットは前売制でe+を使って販売されます。購入方法はリンク先をご確認ください。
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら