新作ヒット不在で落ち込み・・・2012年1月のNPDセールスデータ | GameBusiness.jp

新作ヒット不在で落ち込み・・・2012年1月のNPDセールスデータ

その他 その他

NPD Groupより、今年最初となる1月度の米国ゲーム市場セールスデータが公開されました。新作リリースが極端に少なかった影響で、『Dead Space 2』や『LBP2』があった前年1月から市場全体で34%減という大幅な落ち込みを見せ、新作のTOP10入りもなしという少々さみしい結果に終わっています。

■ソフトウェアランキング

1. Call of Duty: Modern Warfare 3 (360, PS3, Wii, PC) Activision Blizzard
2. Just Dance 3 (Wii, 360, PS3) Ubisoft
3. The Elder Scrolls V: Skyrim (360, PS3, PC) Bethesda Softworks
4. NBA 2K12 (360, PS3, Wii, PSP, PS2, PC) Take 2 Interactive
5. Battlefield 3 (360, PS3, PC) Electronic Arts
6. Madden NFL 12 (360, PS3, Wii, PSP, PS2) Electronic Arts
7. Mario Kart 7 (3DS) Nintendo
8. Skylanders: Spyro's Adventure (Wii, 3DS, 360, PS3, PC) Activision Blizzard
9. Zumba Fitness 2: Party Yourself (Wii) Majesco
10. Saints Row: The Third (360, PS3, PC) THQ

■ハードウェアランキング

Xbox 360: 27万台以上 ※前年比-29%


ハードウェアでは、Xbox 360が昨年の勢いをそのまま引き継ぎ6ヶ月連続(据え置き機では13ヶ月連続)でトップセラーに。Xbox 360は据え置き機セールス全体の実に49%を占めるといい、具体的な数字は発表されていないもののPS3とWiiは前年からの著しいダウンが推測されています。

2月には、既にUKチャートでTOP10入りを果たした『ファイナルファンタジーXIII-2』や『ソウルキャリバーV』などの大型国産タイトル、そしてPlayStation Vitaのローンチが控えており、米国市場の動きに注目が集まります。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら