Windows向けKinectが2月1日に発売、『Microsoft Flight』などに対応へ | GameBusiness.jp

Windows向けKinectが2月1日に発売、『Microsoft Flight』などに対応へ

その他 その他

現在開催中のCESキーノートにて、マイクロソフトは2月1日にWindows向けKinectを発売することを発表しました。
  • 現在開催中のCESキーノートにて、マイクロソフトは2月1日にWindows向けKinectを発売することを発表しました。
現在開催中のCESキーノートにて、マイクロソフトは2月1日にWindows向けKinectを発売することを発表しました。

Windows版KinectはXbox 360版と同様に体感モーションセンサーとしてゲームが操作可能。先日発表されたフライトシム『Microsoft Flight』が対応するタイトルの1つとして明らかにされています。

既に北米Amazonでは商品ページも公開されており、価格は249.99ドルとXbox 360版Kinectよりも100ドル高くなっていますが、昨年11月のKinect for Windowsチームのブログ記事によれば、Windows版には最大40cmの至近距離までオブジェクトを認識出来る高性能な新型カメラが搭載されているとのこと。なお実際に使用する際にはKinect SDKが必要となる事がLarry Hryb氏より明らかにされています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら