国内でPC向け「Kinect for Windows v2」オープンベータ版がリリース | GameBusiness.jp

国内でPC向け「Kinect for Windows v2」オープンベータ版がリリース

日本マイクロソフトは、マイクロソフト公式ブログでPC向け「Kinect for Windows v2」のオープンベータ版を国内で7月15日からリリースしました。

その他 その他
日本マイクロソフトは、マイクロソフト公式ブログでPC向け「Kinect for Windows v2」のオープンベータ版を国内で7月15日からリリースしました。

「Kinect for Windows v2」は、2012年に発売した初代「Kinect for Windows」と比較すると基本スペックが大幅に向上しています。視野角が広がりキャプチャー範囲が大きくなった他、カラーカメラの解像度が640×480から1920×1080へと拡大しました。さらに距離画像センサーにTime of Flight方式を採用。関節認識数が25間節まで向上したほか、人物の骨格追跡が最大6人まで認識可能です。

このオープンベータ版「Kinect for Windows v2」は19,980円(税抜)でMicrosoft Storeで発売されています。また正式版「Kinect for Windows v2」が発売されても、初代「Kinect for Windows」は販売し続けると合わせて発表しています。

なお、公式MS Storeページによると、このセンサーにはソフトウェアは付属しておらず、ライセンス別売りの「Kinect for Windows SDK 2.0」と併用を想定しているとのこと。本センサーの予約開始が海外で告知された際、国内展開が不明でしたが今回無事発売されることが決まったので、正式版リリースにも期待したいところです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら