Xbox One用KinectをPC接続できるアダプター発表、SDK 2.0も正式リリース | GameBusiness.jp

Xbox One用KinectをPC接続できるアダプター発表、SDK 2.0も正式リリース

その他 その他

ジェスチャーや音声認識による体感的な操作を行えるNUIデバイスKinect。本デバイスを開発するMicrosoftはKinect用の開発キット「Kinect for Windows SDK 2.0」をリリースし、「Kinect for Xbox One」をWindows 8系PCに接続できる「Kinect Adapter for Windows」を発表し
  • ジェスチャーや音声認識による体感的な操作を行えるNUIデバイスKinect。本デバイスを開発するMicrosoftはKinect用の開発キット「Kinect for Windows SDK 2.0」をリリースし、「Kinect for Xbox One」をWindows 8系PCに接続できる「Kinect Adapter for Windows」を発表し
ジェスチャーや音声認識による体感的な操作を行えるNUIデバイスKinect。本デバイスを開発するMicrosoftはKinect用の開発キット「Kinect for Windows SDK 2.0」をリリースし、「Kinect for Xbox One」をWindows 8系PCに接続できる「Kinect Adapter for Windows」を発表しました。

「Kinect Adapter for Windows」はWindows 8及び8.1のOSを搭載したPCに「Kinect for Xbox One」をUSB3.0ポートを介して接続し、「Kinect for Windows v2」と同じように使用できるというもの。日本でも販売を予定しており、価格は4,980円(消費税表記無し)です。既に「Kinect for Xbox One」を持っている人は手軽にPCでのKinect環境を整えることができるでしょう。

また、Kinect for Windows SDK 2.0は、6月に公開されたプレビュー版より200以上の更新が行われ、Microsoftのダウンロードセンターにて無料で公開されています。ゲーム用途以外にも様々な分野で活用されているKinect。新たなデバイスとしてさらなる発展を期待できそうです。

記事提供元: Game*Spark
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら