CROOZ、KLabからの訴状を受けたと発表 | GameBusiness.jp

CROOZ、KLabからの訴状を受けたと発表

その他 その他

CROOZ株式会社  が、KLab株式会社が同社に提起した訴訟について裁判所から訴状の送達を受けたと発表した。
  • CROOZ株式会社  が、KLab株式会社が同社に提起した訴訟について裁判所から訴状の送達を受けたと発表した。
CROOZ株式会社が、KLab株式会社が同社に提起した訴訟について裁判所から訴状の送達を受けたと発表した。

KLabはCROOZに対し、同社が配信するソーシャルゲームがKLabの配信するソーシャルゲームの著作権を侵害し、不正行為を行なっているとして、同社ソーシャルゲームの配信差し止め及び損害賠償請求(請求額:5,500万円及び法定利息による遅延損害金)を内容とする訴訟を提起した。しかしCROOZでは著作権侵害や不正行為をしていないと改めて表明。今後訴訟の場において明らかにしていくとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら