『ゼルダの伝説』を海外と共同開発の可能性、宮本氏が示唆 | GameBusiness.jp

『ゼルダの伝説』を海外と共同開発の可能性、宮本氏が示唆

その他 その他

任天堂の宮本茂氏は、Wired.comが実施したインタビューにおいて、将来『ゼルダの伝説』フランチャイズの新作を米国Retro Studiosとのコラボレーションで開発する可能性を示唆しました。

宮本氏はまず、任天堂の情報開発本部とRetro Studiosが日米共同で開発した3DS新作の『マリオカート7』に言及。海外開発のゲームは日本のゲームに比べ異なるテイストを持っていると言われることが多く、『マリオカート7』ではそうした2つのテイストを、例えば登場コースの種類などにおいてうまく形にできたとのこと。

Retroと任天堂は『メトロイドプライム』シリーズでも既にコラボレーションを果たしていることから、宮本氏はもしこの共同開発を他のゲームフランチャイズでも行うなら、次は『ゼルダの伝説』になるかもしれない、と述べています。

尚、任天堂とRetro Studiosの共同開発については、公式サイトの「社長が訊く」インタビューでも詳しく紹介されているので興味のある方はチェックしておきましょう。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら