【PlayStation Award 2011】SCEと共に歩んできたウイイレチーム・・・KONAMI高塚氏 | GameBusiness.jp

【PlayStation Award 2011】SCEと共に歩んできたウイイレチーム・・・KONAMI高塚氏

出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。

その他 その他
出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
  • 出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。
出荷本数が50万本を超えたゲームに贈られるゴールドプライズ(副賞: 賞金50万円)に輝いた『WORLD SOCCER Winning Eleven 2011』を受賞したコナミデジタルエンタテインメントの高塚新吾クリエイティブプロデューサーが喜びの声を伝えました。

「これでウイイレチームは、プレイステーション、プレイステーション2、プレイステーション3の全てのハードでアワードを受賞することができました。開発チームの頑張りもありますが、制作に打ち込める素晴らしいハードを作り環境を整えてくれたSCE様のサポートはとても大きいもので、この場を借りて御礼申し上げます。」

「ウイイレチームは、1994年に、凄いハードが出ると聞いて、その時に立ち上がったチームなので、プレイステーションのためのチーム、そしてソフトでした。18年間も第一線でやってこれたのは非常に嬉しく、誇りに思います。私も18年前は20代中盤で童顔、高校生に間違われるくらい若かったのですが、今ではこんなおっさんです(笑)。でも、クリエイターは30歳までと言われる時代もありましたが、じじいになってもゲームを作っているという先駆者になりたいと思い、今後も頑張っていきます」
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら