【PlayStation Award 2011】『FF零式』がPSPを選んだのは"好きだったから"・・・スクウェア・エニックス田畑氏 | GameBusiness.jp

【PlayStation Award 2011】『FF零式』がPSPを選んだのは"好きだったから"・・・スクウェア・エニックス田畑氏

今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。

その他 その他
今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
  • 今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。
今年のPlayStation Awardのゴールドプライズの中で唯一のPSPタイトルだったのが、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY 零式』でした。

壇上には本作のディレクターの田畑端氏とプロジェクトマネージャーの上田信之氏が上り、喜びを語りました。

「『FINAL FANTASY 零式』は、もともとはPSPのタイトルではなかったのですが、諸事情あってPSPでリリースすることになりました。しかしその最終的な決め手は、僕と皆がPSPというハードや、プレイステーションプラットフォーム、そしてそのユーザーを大好きだったという事でした。今後もユーザーとハードとプラットフォームの全てが盛り上がるような取り組みをしていきたいと思いますので、みなさん宜しくお願いします」(田畑氏)

『ファイナルファンタジー13』を中心とする「ファブラ・ノヴァ・クリスタリス」構想の一つとしてプロジェクトが始まった本作。当初は携帯電話向けのタイトルとなる予定でしたが、PSPが好きという開発陣の思いでプラットフォームが最終的にはPSPとなったとのこと。

本作も本日から一部店舗で「PlayStation Award コレクション」として展開されています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら