スクウェア・エニックス、カナダ・モントリオールの開発規模を拡大 ― 2012年に新開発スタジオ開設 | GameBusiness.jp

スクウェア・エニックス、カナダ・モントリオールの開発規模を拡大 ― 2012年に新開発スタジオ開設

その他 その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、カナダ・モントリオールでの開発規模を拡大すると発表しました。
  • スクウェア・エニックス・ホールディングスは、カナダ・モントリオールでの開発規模を拡大すると発表しました。
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、カナダ・モントリオールでの開発規模を拡大すると発表しました。

2007年に開設された既存スタジオ「アイドス・モントリオール」は、累計200万本を超える出荷を達成した初タイトル『DEUS EX: HUMAN REVOLUTION』により、高品質のゲーム開発スタジオとして世界的な評価を確立。新たに100名のゲーム開発者を雇用し、現在開発中の主要タイトル「DEUS EX」「THIEF」に続く第3のプロジェクトに取り組みます。

また、スクウェア・エニックス モントリオールにおいても、新規開発者150名を雇用。2012年中に、モントリオール第2のスタジオとして開設します。新スタジオのジェネラル・マネージャー(GM)には、リー・シングルトンが就任。スクウェア・エニックス ロンドンスタジオの現GMであり、スタジオ経営やゲーム開発の両面に20年以上の経験を有しています。

スクウェア・エニックス モントリオールは、同スタジオの最初のプロジェクトとして『HITMAN』シリーズの新作に取り組む予定です。
《近藤智子》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら