アイドスの終身会長を務めたIan Livingstone氏が退社、今後は教育方面へ | GameBusiness.jp

アイドスの終身会長を務めたIan Livingstone氏が退社、今後は教育方面へ

その他 その他

『Tomb Raider』、『Deus Ex』、『Hitman』など多くのヒット作を世に送り出してきたEidosですが、同社の終身会長を務めたIan Livingstone氏の退社がスクウェア・エニックス海外公式ブログで報じられました。
  • 『Tomb Raider』、『Deus Ex』、『Hitman』など多くのヒット作を世に送り出してきたEidosですが、同社の終身会長を務めたIan Livingstone氏の退社がスクウェア・エニックス海外公式ブログで報じられました。
『Tomb Raider』、『Deus Ex』、『Hitman』など多くのヒット作を世に送り出してきたEidosですが、同社の終身会長を務めたIan Livingstone氏の退社がスクウェア・エニックス海外公式ブログで報じられました。

Ian Livingstone氏はSteve Jackson氏と共に1975年にGames Workshop社を設立。1981年にはロールプレイングゲームと本を融合させたゲームブック『Fighting Fantasy』シリーズを発売し大ヒット、1998年には23の言語で1400万本以上販売しました。

1995年からEidosに入社した同氏は長年Eidosの幹部として、ビデオゲーム業界でも『Tomb Raider』フランチャイズなどに関与しています。2002年にはゲーム業界へ取り組みが評価され英国アカデミー賞インタラクティブ賞を受賞し、2006年にはイギリス女王陛下から大英帝国勲章のオフィサー(OBE)を受章。2013年の新年にはコマンダー(CBE)を受賞しています。

今後はLivingstone財団を発足させ、基本的な問題から学ぶゲーム学習ツールや、コーディングや協力、独創性が特徴のアカデミーやフリースクールを開校する予定が上がっています。またIan Livingstone氏はソーシャルとモバイルゲームのアドバイザーそして企業家としてゲーム業界で動き続けるようです。

(写真提供: Getty Images)
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら