北京のソーシャルゲームデベロッパー、Happy Elementsが3000万ドルを調達・・・日本でも成長中 | GameBusiness.jp

北京のソーシャルゲームデベロッパー、Happy Elementsが3000万ドルを調達・・・日本でも成長中

その他 その他

Gamasutraによれば、中国・北京のソーシャルゲームデベロッパーのHappy Elementsはベンチャーキャピタル等から3000万ドル(約24億円)を調達してスマートフォンの開発を本格化されるとのこと。

最新のラウンドに傘下したのは、Legend Capitalと以前からの出資者であるDCM。これまでの調達額は3500万ドルとなりました。調達資金は更なる拡大に向けたスタッフの獲得や、様々なプラットフォームにゲームを提供するための「Global Integration Platform」の拡張に投資していくとのこと。

Happy Elementsは2009年に設立されたデベロッパーで、中国や韓国、そして日本でも『マジック水族館』『はじめようマイ・バー』『はじめようマイ・キングダム』『はじめようマイ・カジノ』『エターナルクロニクルズ』などのタイトルを展開してユーザーを獲得しています。従業員数は200人を超えるとのこと。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら