マイクロソフト、Kinectでユーザーの年齢を割り出す特許を申請 | GameBusiness.jp

マイクロソフト、Kinectでユーザーの年齢を割り出す特許を申請

その他 その他

マイクロソフトが、Xbox 360のモーションカメラ「Kinect」に搭載される深度センサーを使って、ユーザーの年齢などを割り出す新技術の特許を申請していたことが分かりました。

2010年3月に米国特許商標局に登録されていたこの特許は、「Kinect」などに搭載される3D深度センサーを用い、ユーザーの頭部の大きさ、腕の長さ、肩幅など全身の体型やバランスを認識、それらのデータから推定年齢を割り出し、各レーティングに基づいてテレビ番組やゲームコンテンツの年齢規制を自動で行うというもの。

また、各年齢層に合わせたユーザープロファイルを設定可能で、例えば大人がアダルト向けコンテンツを鑑賞中に急に子供が部屋に入った場合、センサーがそれらの状況を判断し、自動的に代替のコンテンツをテレビ画面に映すといったことも可能になるそうです。

このアプリケーションの特許はまだ正式に認可されておらず、実際に採用されるかは現段階で不明ですが、映像配信サービスが充実しつつあるXbox LIVEで、将来ペアレンタルコントロールのひとつとして利用される日が来るのかもしれません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら