サイバーエージェント、香港のスマホゲーム開発会社EpicForceに出資 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント、香港のスマホゲーム開発会社EpicForceに出資

その他 その他

サイバーエージェントグループで中国における投資事業を行うサイバーエージェント・ベンチャーズ・チャイナは、日本アジア投資と共同で運営する「CA-JAICチャイナ・インターネットファンド2」を通じ、香港でスマートフォン向けゲームを開発するEPICFORCE ENTERTAINMENTの25%の株式を取得したと発表しました。

同社はグローバルで800万回以上ダウンロードされたヒット作『iFighter 1945』『Super Laser』『Stone Wars』(いずれもiOS)など、スマートフォン向けゲームで成功を収めています。これまでのゲームの累計ダウンロード数は1200万回以上になるとのこと。

サイバーエージェントでは、現地インターネット企業との協業やサイバーエージェントグループとの協業で事業拡大支援を行っていくとしています。

■EPICFORCE ENTERTAINMENTの概要
商号: EPICFORCE ENTERTAINMENT LIMITED.
設立: 2009年
代表者: Fung Lap Stanly
事業概要: スマートフォンゲームの開発運営
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら