スクエニ、特損計上で最終赤字見込みへ | GameBusiness.jp

スクエニ、特損計上で最終赤字見込みへ

その他 その他

スクウェア・エニックスは平成23年3月期の連結業績予想を下方修正すると発表しました。

事業環境の変化に伴い、のれんの減損(約88億円 / アイドス?)を計上したほか、収益基盤強化の観点から一部タイトルの見直しを行った関連損失(約45億円)、および東日本大震災で損壊したアミューズメント施設の復旧費用や添付の営業休止期間中の固定費、災害による損失(約6億円)を計上。

さらに固定資産除却損(約6億円)、資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額(約5億円)等、その他を計上。

合計額は160億円となります。

修正後の業績予想は売上高1250億円、営業利益73億円、経常利益53億円、純損失120億円となります。通期業績は明日13日に発表する予定です。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら