「ゲームも好調、Amebaは2年で3倍を目指す」サイバーエージェント決算説明会(1) | GameBusiness.jp

「ゲームも好調、Amebaは2年で3倍を目指す」サイバーエージェント決算説明会(1)

その他 その他

決算説明会において概況や既存事業については取締役の中山豪氏から説明があり、藤田晋社長兼CEOはAmebaの部分から説明をはじめました。それだけサイバーエージェントとして注力する分野ということです。
  • 決算説明会において概況や既存事業については取締役の中山豪氏から説明があり、藤田晋社長兼CEOはAmebaの部分から説明をはじめました。それだけサイバーエージェントとして注力する分野ということです。
決算説明会において概況や既存事業については取締役の中山豪氏から説明があり、藤田晋社長兼CEOはAmebaの部分から説明をはじめました。それだけサイバーエージェントとして注力する分野ということです。


藤田晋社長兼CEO


Amebaは黒字化まで約56億円を投資していて、同社では2年間で取り戻すというコミットメントを掲げています。前期に黒字化したAmeba事業は第2四半期(単体)で17億7200万円の営業利益を上げるまでに成長しています。

しかし藤田氏は「2013年度までに営業利益を3倍に伸ばしたい」と野心的な目標を語ります。そして達成法もシンプル。「PVを3倍にすれば収益面も3倍にできる」という考えです。現在200億のPVを600億まで引き上げるということです。現在、PCとモバイルでちょうど100億PVずつですが、2013年にはPCが300億、モバイルが100億、スマートフォンが200億という構成となる見立てです。

Amebaの収益面では課金が広告を上回りました。それを支えるのは仮想空間「アメーバピグ」のアバターやアイテムの販売、そして「Amebaモバイル」でのゲーム課金です。2010年9月期の第4四半期には11億円だったものが、第1四半期には17億円、第2四半期には22億円と急速な伸びを見せています。ARPUも順調に拡大しています。

「アメーバピグ」のゲームでは釣りゲームとカジノゲームの2本を運営中、第2四半期の課金額はそれぞれ3億9200万円と2億9700万円でこちらも増加傾向にあります。さらに藤田氏は現在βテストを行っている『ピグライフ』というゲームについて「過去のサイバーエージェントのプロダクトの中でも最も有力」とコメント。5月末に向けて準備中だということですが、かなりの期待が持てそうです。

「Amebaモバイル」のゲームは全て内製で現在12タイトルが運営中。テレビCMを実施した効果もあり、月次のアメゴールドの課金額は3月に3億5100万円まで拡大しました。藤田氏は「目立ったヒット作はないが、全て内製なので導線の強化や改善がすぐに可能で、運用ノウハウも溜まってきた」と評価していました。

(つづく)
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら