NPD、著名アナリストに販売データを喋り過ぎないように警告 | GameBusiness.jp

NPD、著名アナリストに販売データを喋り過ぎないように警告

その他 その他

Gamasutraは調査会社で北米におけるゲーム販売データを集計しているNPD Groupがジャーナリストに対してデータの外部公表をしないように求めるメールをしたと伝えています。同社は昨年秋にもハードの販売データの公開を取りやめています。

NPDの営業担当であるDaniel De Pinho氏はゲームアナリストとして著名なMichael Pachter氏に対して「NPDは販売データについて直接メディアに伝えるのを辞めるよう要求します。これは生中継、Eメール、文章などの形態を問いません。もし守られないようならばリストより削除させていただきます」と通告。議論を呼びました。

ただし、今後ともメディアに対しては毎月の販売金額やランキングデータの公表を行っていくとのこと。

NPDの担当者はGamasutraの取材に対して「メディアにおけるゲーム販売データの掲載を差し止めるような意図はない」とコメント。Pachter氏への通告は、一般に公開されてない(有償で提供している)データをメディア等で喋ることで、有償提供しているクライアントから苦情が上がっていることを受けてのものだ、と釈明しています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら