【東日本大地震】『Halo』シリーズのBungieも日本への支援を呼びかける | GameBusiness.jp

【東日本大地震】『Halo』シリーズのBungieも日本への支援を呼びかける

『Halo』シリーズの開発元であるBungieは、11日に発生した東日本大地震への支援をはじめました。

その他 その他
『Halo』シリーズの開発元であるBungieは、11日に発生した東日本大地震への支援をはじめました。
  • 『Halo』シリーズの開発元であるBungieは、11日に発生した東日本大地震への支援をはじめました。
『Halo』シリーズの開発元であるBungieは、11日に発生した東日本大地震への支援をはじめました。

同社は自社で運営するオンラインストアBungie Storeにて特製のリストバンドを販売開始。4月30日までに販売された全収益を赤十字を通じて寄付するとのこと。リストバンドは同社のカラーであるブルーに「がんばれ日本!」というメッセージが日本語で記されています。

大人用と子供用が用意されていて、それぞれ5ドルとなっています。

海外への発送も可能だとのこと(その場合、他のアイテムと一緒にすることはできないようです)。

今回の一連の大災害に対してはゲーム業界だけに限っても海外からの支援も数多く寄せられていて、Bungieもその一つ。とても心強いものです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら