mixiアプリ『みんなでケンテイ』の面白さとは【本日のスライド】 | GameBusiness.jp

mixiアプリ『みんなでケンテイ』の面白さとは【本日のスライド】

ソーシャルゲームの中で定番的な人気を誇るのが診断系のアプリ。ついつい遊んじゃうんですよね。

その他 その他
ソーシャルゲームの中で定番的な人気を誇るのが診断系のアプリ。ついつい遊んじゃうんですよね。

そんな診断系の中でも王道の検定を題材にした『みんなのケンテイ』について紹介する「「みんなでケンテイ」ができるまで・できたあとの話」というスライドが公開されています。先日、ミクシィの出資も発表されたコミュニティファクトリーの平野慶之氏による資料です。

スライドでは、診断アプリのメリットから、『みんなでケンテイ』開発の背景、開発での工夫、バイラル発生の過程、裏話など興味深い内容が書かれています。強いバイラルがあるのがこのジャンルの特徴でもありますが、その考え方は他のゲームにも応用できるものではないでしょうか。

《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら