マクロニクス、ニンテンドー3DSのロム容量は8GBまで対応可能 | GameBusiness.jp

マクロニクス、ニンテンドー3DSのロム容量は8GBまで対応可能

その他 その他

台湾の半導体メーカーでニンテンドーDSシリーズのゲームカードの製造を請け負っているマクロニクス(Macronix)は、ニンテンドー3DSのゲームカードの容量は8GBまで対応可能と述べました。
  • 台湾の半導体メーカーでニンテンドーDSシリーズのゲームカードの製造を請け負っているマクロニクス(Macronix)は、ニンテンドー3DSのゲームカードの容量は8GBまで対応可能と述べました。
台湾の半導体メーカーでニンテンドーDSシリーズのゲームカードの製造を請け負っているマクロニクス(Macronix)は、ニンテンドー3DSのゲームカードの容量は8GBまで対応可能と述べました。

同社によれば既に8GBまでの製造ラインは完成していて、任天堂の指示次第で出荷が可能だとのこと。任天堂は3DSのゲームカードについて2GBまで対応可能としています。

8GBまでの対応が事実であれば、現行機種であるニンテンドーDSの現在までの最大容量が512MB(2Gbit)であることから、一気に16倍まで増えることになります。

gamrade.comは3Dになったことで3DSでは最低でも1GB程度の容量は必要という開発者の声を伝えています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら