アクティビジョンが傘下の開発スタジオであるBizarre CreationsおよびBudcat Creationsを閉鎖 | GameBusiness.jp

アクティビジョンが傘下の開発スタジオであるBizarre CreationsおよびBudcat Creationsを閉鎖

その他 その他

アクティビジョンは『Project Gotham Racing』や『Geometry Wars』を開発した事で知られる傘下のスタジオ、Bizarre Creationsの閉鎖を発表しました。

発表によれば閉鎖の理由は多額の投資を行った新規IPのレースゲーム、『Blur』の商業的な失敗だとのこと。なおスタジオの完全閉鎖までには90日間の猶予があるとの事で、この間に在籍する200名以上のスタッフへの対応やスタジオ売却の検討などを行うようです。

またアクティビジョンはBizarre Creationsの閉鎖に加えてアイオワにある開発スタジオBudcat Creationsの閉鎖やカリフォルニアQAチームの削減も発表。これにより60名余りが解雇となったようです。現在アクティビジョンは解雇されたスタッフの再就職先を提供するなどの対応に追われています。

ちなみにアクティビジョンは今年2月にも『Prototype』等を開発したRadical Entertainmentに対して大規模なレイオフを行っています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら