アクティビジョン、Bizarre Creationsの閉鎖を決定 | GameBusiness.jp

アクティビジョン、Bizarre Creationsの閉鎖を決定

その他 その他

アクティビジョンは、Bizarre Creationsの閉鎖もしくは売却を模索するとして90日間の猶予を設けていましたが、買い手を見つけることはできず、閉鎖する事を決定したとDevelopが報じました。

同社は1994年設立の英国リバプールに拠点を置くデベロッパー。『プロジェクトゴッサムレーシング』『ジオメトリー・ウォーズ』といった人気作で知られ、2007年にアクティビジョンが買収。新作『Blur』の開発を進めてきました。国内でもスクウェア・エニックスが『ブラーレーサーズ』として発売しましたが奮いませんでした。

Bizarre Creationsの買収には大手パブリッシャーが興味を示していると伝えられていました。アクティビジョン・ブリザード ワールドワイドスタジオCOOのCoddy Johnson氏も「想像できるような会社が興味を示してくれました」と話しますが、最後まで協議が進む会社は無かったようです。

同氏はまた、「結論に至るまで、あらゆる選択肢が検討された」とコメントしています。

昨年時点では約200名のスタッフが在籍している大所帯で、アクティビジョンは今後、心のケアや就職先の斡旋などに尽力するとしています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら