EAのCEO、3D対応ゲームにはプレミアム価格も検討 | GameBusiness.jp

EAのCEO、3D対応ゲームにはプレミアム価格も検討

その他 その他

エレクトロニック・アーツCEOのJohn Riccitiello氏は、3Dに対応したゲームについて一般のゲームよりも高い値段を付ける事を考慮するとCVGとのインタビューで述べました。

「3Dは次の最も重要な成長のためのドライバーの一つでしょう。まだ先の事ではありますが・・・。しかし2011年や12年になればより大きな機会が訪れるでしょう。さらなる成長エンジンかつ、より良い3Dをサポートするタイトルにはプレミアム価格を付ける事も出来るかもしれません」

EAのラインナップではCrytekの開発する『Crysis 2』が3DをサポートすることがE3で明らかにされています。

3D対応ゲームの価格について言及したのはEAが初めてです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら