CRI、iPadとiPhoneの連動を実現する「栞 〜CIO RI〜」を発表 | GameBusiness.jp

CRI、iPadとiPhoneの連動を実現する「栞 〜CIO RI〜」を発表

その他 その他

CRI・ミドルウェアは、iPhoneとiPadの両方に対応したゲームやアプリケーションで、セーブデータ等をクラウドを使って同期する新たなミドルウェア「栞 〜CIO RI〜」を発表しました。
  • CRI・ミドルウェアは、iPhoneとiPadの両方に対応したゲームやアプリケーションで、セーブデータ等をクラウドを使って同期する新たなミドルウェア「栞 〜CIO RI〜」を発表しました。
CRI・ミドルウェアは、iPhoneとiPadの両方に対応したゲームやアプリケーションで、セーブデータ等をクラウドを使って同期する新たなミドルウェア「栞 〜CIO RI〜」を発表しました。

iPadが本日国内でも発売されましたが、今後iPhoneとiPadを両方持つケースが増加すると予想されます。そうした場合に、iPhoneとiPadで同じアプリやデータをインストールしておいて、そのセーブデータや電子書籍の「しおり」情報が共有できれば、家ではiPadの大画面で、外ではiPhoneの手軽さで、という使い分けが可能になります。

「栞 〜CIO RI〜」(しおり)では、クラウドサーバーを利用しデータを預かり、次に起動された端末でそれをダウンロードすることでこの仕組みを実現します。

また、原理的にはiPhoneとiPadという組み合わせだけに限定されるものではなく、iPadとAndroidや、iPadとPC、iPhoneと一般的な携帯電話というような、ネットワークに接続している端末間であれば共有ができます。今後の発展に期待できそうです。

さらにCRI・ミドルウェアでは、これまで月額5万円で提供してきたゲーム内PRエンジン「CLOUDIA」を無料化することを明らかにしています。これまでもサーバーアクセスを制限した「Lite版」を用意していましたが、通常版も無料で使えることになります。

これらの具体的な発表については追って行うとのことです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら