ベセスダソフトワークス、新たにドイツとフランスに拠点を開設 | GameBusiness.jp

ベセスダソフトワークス、新たにドイツとフランスに拠点を開設

その他 その他

ゼニマックスメディア傘下のベセスダソフトワークスは、フランクフルト(ドイツ)およびパリ(フランス)に新たな拠点を開設する発表しました。

2つの拠点では当該地域のセールスとマーケティングを担当するチームが置かれ、ドイツではFrank Matzke氏が、フランスではJulie Chalmette氏がゼネラルマネージャーに指名されています。両氏はいずれもベセスダに加わる以前はビベンディに勤務していました(現アクティビジョンブリザード)。

「(2つの拠点の開設は)ベセスダソフトワークスにとってとても素晴らしい出来ごとです。FrankとJulieはこの分野に非常に精通していて、我々の今後のタイトルを最大限に引き延ばしてくれるでしょう」とベセスダソフトワークスヨーロッパのSean Brennan氏はコメントしています。

ベセスダの今後のタイトルには『Fallout: New Vegas』『Hunted: The Demon’s Forge』『Brink』『Rage』などが予定されています。

ベセスダは米国を本拠地とし、日本(ゼニマックス・アジア)およびイギリスに拠点がありました。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら