モバゲータウン、オープンゲーム開発者向けサイトを公開〜事業者登録もスタート | GameBusiness.jp

モバゲータウン、オープンゲーム開発者向けサイトを公開〜事業者登録もスタート

ディー・エヌ・エーは、同社が運営するケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」で、「OpenSocial」に準拠したAPIの開放をすすめるに当たって、サービス事業者・開発者(デベロッパー)向けのサイトを公開しました。同時に傘下パートナーの仮登録の受付が開始され、

その他 その他
ディー・エヌ・エーは、同社が運営するケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」で、「OpenSocial」に準拠したAPIの開放をすすめるに当たって、サービス事業者・開発者(デベロッパー)向けのサイトを公開しました。同時に傘下パートナーの仮登録の受付が開始され、情報は随時公開していくとのことです。

今後、事業者向けのフォーラムやセミナーの開催などを行っていくとのこと。パートナーの開発したゲームの公開は2010年1月以降を予定しています。

また、既に参加を表明している30社が発表されています。

・ウィンライト
・ウノウ
・おもしろカンパニー
・ORSO
・カヤック
・キューエンタテインメント
・KLab
・芸者東京エンターテインメント
・K sound design
・ゲームズアリーナ
・コロプラ
・サクセスネットワークス
・ザッパラス
・サムザップ
・ジークレスト
・ジーモード
・スタイルウォーカー
・ソネットエンタテインメント
・タイトー
・ティーツーアイエンターテイメント
・ドリコム
・ハドソン
・バンダイナムコゲームス
・Pikkle
・プラチナエッグ
・マスターピース
・モバイル&ゲームスタジオ
・遊ネット
・ロックユーアジア
・ワークジャム
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら