任天堂、第1四半期業績を発表・・・前年同期に比べて大幅な減収減益 | GameBusiness.jp

任天堂、第1四半期業績を発表・・・前年同期に比べて大幅な減収減益

任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。

その他 その他
任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。
  • 任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。
  • 任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。
  • 任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。
任天堂は、平成22年3月期の第1四半期(4月1日〜6月30日)の業績を発表しました。

それによれば、売上高は2534億9800万円(前年同期比-40.1%)、営業利益は404億0100万円(-66.1%)、経常利益は648億2400万円(-63.4%)、純利益は423億1600万円(-60.6%)と、いずれの数値も前年同期に比べて大幅な落ち込みとなりました。

事業分野では、WiiおよびニンテンドーDSの両方のプラットフォームで、ハードを牽引するようなゲームに欠けたことが大幅な減収に繋がりました。Wiiではソフトで『Wii Sports Resort』がありましたが、大きく伸びるであろう海外では期中は未発売となっていました。また、DSに関してはDSiのハードは好調でしたが、話題性のあるゲームに欠けました。また、円高で推移したことも減収インパクトとなりました。

第1四半期は前年同期と比較して大幅な減収減益となりましたが、通期の業績予想は、売上高1兆8000億円(-2.1%)、営業利益4900億円(-11.8%)、経常利益5000億円(+11.4%)、純利益3000億円(+7.5%)のままで据え置かれています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら