AI(人工知能)ニュースまとめ | GameBusiness.jp

AI(人工知能)に関するニュースまとめ一覧

AI(人工知能) 最新ニュース

Read more
将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入 画像
ゲーム開発

将来は視覚に問題を抱えたゲーマーでもゲームを楽しめる?海外ソフトにAI技術利用の実験的機能が導入

視覚機能に問題を抱えたゲーマーも、技術進歩で将来ゲームを楽しむことができるかもしれません。

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN 画像
ゲーム開発

10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

ゲームプレイを分析し、チートや嫌がらせ行為を15,336件も確認。アイデアの発端はValveスタッフの公演だったのだそう。

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別 画像
ゲーム開発

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来 画像
ゲーム開発

AIはいつか人の感情すら動かせるようになる…マイネットが見据える「DOMO」を活用したデータ・ドリブンなゲーム運営とAIの未来

AIはいつしか人の感情を予測・誘導できるようになる…そう語るのはマイネット執行役員でmynet.ai代表取締役社長 CEOの梅野真也氏です。ゲームとAIの未来、そして「DOMO」を活用したデータドリブンなゲーム運営について、その展望を伺いました。

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成 画像
ゲーム開発

『StarCraft II』ディープマインドAIがグランドマスターに到達、通常のゲーム内容環境下での達成

Googleのディープマインドの機械学習AIが『StarCraft II』にてグランドマスターに到達。通常のゲーム内容環境下では初とのこと。

荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表 画像
ゲーム開発

荒らしプレイヤーには“AI”で対抗?FACEITが『CS:GO』での成果を発表

e-SportsプラットフォームFACEITが、荒らしプレイヤーに対しAIを利用した対策に着手。有害メッセージは1月ほどで20%減の効果。

『LEFT ALIVE』で採用されたHTNを用いたゲームAIとは?DeNA主催のGame Developers Meetingレポ 画像
ゲーム開発

『LEFT ALIVE』で採用されたHTNを用いたゲームAIとは?DeNA主催のGame Developers Meetingレポ

『LEFT ALIVE』で敵の制御に使用されているAIはいかにして作られ、どのように同作を支えているのでしょうか?スクウェア・エニックスのプログラマー・長谷川誠氏が登壇した「Game Developers Meeting Vol.37」のレポートをお届けします。

音声合成技術と5G通信でゲームはどう変わる?NTTドコモ担当者に直撃!【Unite Tokyo 2019】 画像
ゲーム開発

音声合成技術と5G通信でゲームはどう変わる?NTTドコモ担当者に直撃!【Unite Tokyo 2019】

この秋から試験的な運用の始まった5G。多くのゲーム関係者が興味を持っている5GについてNTTドコモへの取材を行いました。

大変なデバッグをAIに担当させる挑戦――ゲームAI専門会社モリカトロンの試み【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

大変なデバッグをAIに担当させる挑戦――ゲームAI専門会社モリカトロンの試み【CEDEC 2019】

ビデオゲームの品質を管理するのに、今では人間の手だけではなくAIの手も借りるようになっています。もはや人間の手だけではQAが追いつかなくなってきており、そんな時代におけるAIによるデバッグはどのようなものがあるのでしょうか。

AIはクリエイターの創作をどう助けるか?「CLIP STUDIO PAINT」の機能に見るAI活用事例【CEDEC 2019】 画像
ゲーム開発

AIはクリエイターの創作をどう助けるか?「CLIP STUDIO PAINT」の機能に見るAI活用事例【CEDEC 2019】PR

「CLIP STUDIO PAINT」に魅力的な新機能を提供したAIフレームワーク「ailia SDK」とは? 「CEDEC 2019」のセミナー「CLIP STUDIO PAINTでのディープラーニング活用事例とAIフレームワークailia SDKの紹介」のレポートをお届けします。

過去の名作ゲーム映像をAI技術でリマスター!YouTubeにて驚嘆のユーザー作成映像が公開 画像
ゲーム開発

過去の名作ゲーム映像をAI技術でリマスター!YouTubeにて驚嘆のユーザー作成映像が公開

様々なゲームを彩るムービー映像。そんな映像を最新技術を用いてリマスターするYouTubeチャンネルが登場したようです。

NHKドキュメンタリー番組に『Detroit: Become Human』が登場―世界の知性がAIの倫理的問題を語る 画像
文化

NHKドキュメンタリー番組に『Detroit: Become Human』が登場―世界の知性がAIの倫理的問題を語る

7月3日夜10時50分よりEテレで放映されるドキュメンタリー番組「超AI入門特別編 世界の知性が語る パラダイム転換 ~第二夜 ロボットが正義を決める時~」にて、Quantic Dream開発のアドベンチャーゲーム『Detroit: Become Human』が取り上げられるようです。

DeNA、ゲーム×AI×ブロックチェーン勉強会「Game Developer's Meeting Vol.31」を開催 画像
その他

DeNA、ゲーム×AI×ブロックチェーン勉強会「Game Developer's Meeting Vol.31」を開催

ディー・エヌ・エーは、4月26日にエンジニア向けのゲーム×AI×ブロックチェーンの勉強会「Game Developer's Meeting Vol.31」を開催すると発表しました。

ソニーとドコモ、グアム島の5G試験環境で次世代モビリティの遠隔操縦実験 画像
企業動向

ソニーとドコモ、グアム島の5G試験環境で次世代モビリティの遠隔操縦実験

ソニーとNTTドコモは、ドコモがグアム島に開設した「ドコモ5Gオープンラボ GUAM」にて、次世代モビリティ「ニューコンセプトカートSC-1」(以下、SC-1)の遠隔操縦実現に向けて共同実証実験を行うことに合意しました。

モリカトロン、ゲームデバッグ&テストを行う事業部設立! 蓄積したAI技術や自動化のノウハウを活用 画像
ゲーム開発

モリカトロン、ゲームデバッグ&テストを行う事業部設立! 蓄積したAI技術や自動化のノウハウを活用

モリカトロンは、ゲームコンテンツおよびデジタルコンテンツのゲームデバッグ&テスト専門業務をおこなうAIQA事業部を組成し、その事業拠点となる専用施設「新宿テストLab」を本日3月14日に開設しました。

『アストロノーカ』20周年記念トークショーを2019年1月渋谷で開催―ゲームAIの可能性を語る 画像
その他

『アストロノーカ』20周年記念トークショーを2019年1月渋谷で開催―ゲームAIの可能性を語る

モノビットは『アストロノーカ』発売20周年を記念したトークショー「アストロパーティー2019」を、LOFT 9 SHIBUYAにて2019年1月15日に開催することを発表しました。

ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か 画像
ゲーム開発

ニューラルネットが描く『DOOM』の世界……それは狂気か芸術か

昨今様々な領域で注目されるニューラルネットワークによる機械学習と、それによる絵画の描写。その先端技術を『DOOM』にて適応した映像が公開されています。

『Dota 2』AIチームがプロゲーマーに勝利ー公式世界大会に出場する可能性も 画像
ゲーム開発

『Dota 2』AIチームがプロゲーマーに勝利ー公式世界大会に出場する可能性も

Valveの人気MOBA『Dota 2』において、AIによるチームがプロゲーマーらを集めたチームに勝利したことが海外メディアより報じられています。

『Aliens: Colonial Marines』“たった1文字”のタイプミスで起きたAI弱体化を海外メディアが検証 画像
ゲーム開発

『Aliens: Colonial Marines』“たった1文字”のタイプミスで起きたAI弱体化を海外メディアが検証

海外メディアPCGamerは、『Aliens: Colonial Marines』内のタイプミスが原因で起きたAIの弱体化について、修正前と修正後の比較検証を行っています。

AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来 画像
その他

AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

BitSummit 2日目、『がんばれ森川君2号』でもお馴染みの森川幸人氏に“ゲームとAIの未来”についてインタビューを行いました。プレイステーション初期からAIを活用したゲームを世に送り出してきた森川氏の頭の中にはどのような未来が広がっているのでしょうか。

  • 88件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ