『バトルフィールド 2042』11月19日に発売延期へ―リモートワークによる影響のため | GameBusiness.jp

『バトルフィールド 2042』11月19日に発売延期へ―リモートワークによる影響のため

リモートワークを強いられ、より多くの時間が必要であると判断したため。

ゲーム開発 その他
『バトルフィールド 2042』11月19日に発売延期へ―リモートワークによる影響のため
  • 『バトルフィールド 2042』11月19日に発売延期へ―リモートワークによる影響のため
  • 『バトルフィールド 2042』11月19日に発売延期へ―リモートワークによる影響のため

エレクトロニック・アーツは、DICEが開発するFPSシリーズの最新作『バトルフィールド 2042(Battlefield 2042)』の発売延期を発表しました。

本作は、大規模戦争が楽しめる『バトルフィールド』シリーズの最新作。『バトルフィールド 1942』『バトルフィールド バッドカンパニー 2』『バトルフィールド 3』など過去作からのマップ・武器などの復活や、ナイフ・除細動器オンリー、第二次世界大戦VS現代の軍といった変わったルールで楽しめる「バトルフィールド ポータル」が特徴で、お祭り的なバラエティに富んだ対戦が楽しめる作品となっています。

元の発売予定日は10月22日でしたが、今回11月19日への延期が発表。4週間の延期となります。発売に向けてチームが一丸となって取り組む予定でしたが、現在はリモートワークでハードな作業を強いられており、より多くの時間を取ることが必要であると判断したという理由を挙げています。なお、オープンベータに関する情報は今月末に発表されるとのことです。

発売が延期した『バトルフィールド 2042』は、PC(Steam/Epic Gamesストア/Origin)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに11月19日発売予定。EAのゲームサブスク「EA Play Pro」会員向けにも提供されます。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら