スクウェア・エニックス、中央大学・国際情報学部にて「特殊講義(ゲームプランニング)」を開講 | GameBusiness.jp

スクウェア・エニックス、中央大学・国際情報学部にて「特殊講義(ゲームプランニング)」を開講

スクウェア・エニックスと中央大学は、同大学の国際情報学部にて、「特殊講義(ゲームプランニング)スクウェア・エニックス協力講座」を開講すると発表しました。

人材育成 教育
スクウェア・エニックス、中央大学・国際情報学部にて「特殊講義(ゲームプランニング)」を開講
  • スクウェア・エニックス、中央大学・国際情報学部にて「特殊講義(ゲームプランニング)」を開講

スクウェア・エニックスと中央大学は、同大学の国際情報学部にて、「特殊講義(ゲームプランニング)スクウェア・エニックス協力講座」を開講すると発表しました。

本講義は、2018年12月にスクウェア・エニックスと中央大学との間で締結した「人的・知的資源の交流と活用を図る連携協定」に基づいて開講。2021年9月より、教養豊かな国際的人材の育成を目的に、国際情報学部の開講科目として、スクウェア・エニックス現役社員陣による13回の講義が実施されるとのことです。

特殊講義(ゲームプランニング)スクウェア・エニックス協力講座


スクウェア・エニックスと中央大学は、教養豊かな国際的人材育成を目的として2018年に締結した、人的・知的資源の交流と活用を図る連携協定(以下「協定」)に基づき「特殊講義(ゲームプランニング)スクウェア・エニックス協力講座」(以下「本講義」)を開講します。

本講座は2021年9月より、国際情報学部の開講科目として実施いたします。

中央大学 国際情報学部は、国際社会が抱える情報の諸課題を多角的に分析・解明した上で、その問題の解決策を論理的に構築し、国際社会に受容される情報サービス・政策を実現できる人材の養成を目的とし、「『情報の仕組み』と『情報の法学』の融合」を理念に掲げ、2019 年 4 月に開設された学部です。

本講座は、ITや映像制作・AI等のコンテンツ開発技術という「情報の仕組み」と、世界市場での事業展開に不可欠な法規制・文化慣習への対応という「情報の法学」の両側面より、デジタルエンタテインメント業界のリーディングカンパニーであるスクウェア・エニックスの知見を盛り込んだ実務的かつ多面的な内容です。

プログラミングやグラフィックといったゲーム開発固有の専門知識だけでなく、ローカライズ(翻訳と異文化対応)や人工知能、映画制作の視点からみる映像ディレクションなど、バラエティに富んだ講義を、スクウェア・エニックスの現役社員が13回にわたり展開します。



講義概要詳細(予定)

  • 内容:ゲーム業界の歴史や歩み
    時代によって異なるゲームプランニングの技術的・ビジネス的背景
  • 内容:コンシューマーおよびF2Pのゲーム制作フロー
    コンシューマーおよびF2P(Free-to-play)のゲームを例に
  • 内容:選ばれ方を想像する仕事、プロモーションとその役割
    『ドラゴンクエスト』シリーズを例に
  • 内容:ゲームプランニングの職種と基礎
    職種別理解とゲームプランニングワークショップ
  • 内容:ゲームプログラミング
    時代別・ジャンル別のトレンドや最先端テクニック解説
  • 内容:ゲームプロジェクトにおける映像制作とアートディレクション
    ハイエンドCGの役割や、映画制作の視点を交えたアートディレクション解説
  • 内容:ゲームにおけるサウンドの創造と役割
    独自性の高いゲーム内のサウンド「創造」とその制作過程
  • 内容:ゲーム開発における品質管理とは?
    開発工程全体における品質管理(検査)の理解
  • 内容:翻訳だけじゃない!?ローカライズの七不思議
    翻訳に留まらない「異言語・異文化対応」の重要性と業務の実態
  • 内容:ゲーム開発における研究開発の概要
    必要性とシーズ・ニーズ、基礎・応用の観点にもとづく分類と具体例
  • 内容:デジタルゲームにおける人工知能の概要
    キャラクターの自律的意思決定やメタAIなど、現代ゲームにおける人工知能の全体像
  • 内容:ゲームのITインフラ
    基本構成から運用プロセス、コストまで、設計・開発における視点の解説
  • 内容:プラットフォームの変遷から見るゲームビジネス
    F2Pやサブスク(定額制)など遊び方の変遷・マルチメディア展開など
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら