『サイバーパンク2077』の返金対応本数は200万本―海外コミュニティが独自の調査結果を公開 | GameBusiness.jp

『サイバーパンク2077』の返金対応本数は200万本―海外コミュニティが独自の調査結果を公開

実際の1,500万本から200万本分が返金された「1,300万本」を、推定販売本数として発表したと指摘しています。

市場 調査
『サイバーパンク2077』の返金対応本数は200万本―海外コミュニティが独自の調査結果を公開
  • 『サイバーパンク2077』の返金対応本数は200万本―海外コミュニティが独自の調査結果を公開
  • 『サイバーパンク2077』の返金対応本数は200万本―海外コミュニティが独自の調査結果を公開

2020年12月10日にリリースされたオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』。発売からわずか10日で推定販売本数1,300万本(返金分差し引き)を突破した本作ですが、とあるコミュニティではこの発表前に200万本以上が返金されたとする調査結果を発表しています。


この結果は、ゲーム関連の批評を行うYouTubeチャンネル「Upper Echelon Gamers」によるもの。同チャンネルがYouTubeで行ったアンケート結果を基に、公表されていない「何本の払い戻しがあったのか」を計算しています。


公開された映像では計算方法やデータなどを紹介しており実際の販売数が1,500万本、払い戻しされたのが200万本で「推定販売本数1,300万本」になったのではないかとしています。この数字はコミュニティが独自に行なっている調査結果なので、メーカーによる実際のデータではないことにご注意ください。



『サイバーパンク2077』では、発売直後にPS4/Xbox One版を中心にゲームを遊ぶのが困難となるような不具合が発生。CD PROJEKT REDは、その状況に満足していないユーザー向けに、コンソールのパッケージ/ダウンロード版それぞれで返金対応を発表していました。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら