シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和 | GameBusiness.jp

シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和

シリコンスタジオは、グローバルイルミネーション『Enlighten(エンライトゥン)』のバージョン3.12を、リリースしたと発表しました。

ゲーム開発 ミドルウェア
シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和
  • シリコンスタジオ、「Enlighten」バージョン3.12をリリース―UE4のリアルタイムレイトレーシングに完全調和

シリコンスタジオは、グローバルイルミネーション「Enlighten(エンライトゥン)」のバージョン3.12を、リリースしたと発表しました。

「Enlighten」は、ゲーム・映画・不動産・建築業界等で活用可能な、グローバルイルミネーション(大域照明)をリアルタイムに処理するミドルウェア。今回のバージョン3.12では、プローブライティングの大幅なパフォーマンスアップが施されたほか、Epic Gamesが提供しているゲームエンジン「Unreal Engine 4」のリアルタイムレイトレーシングに完全調和するようになったとのことです。

『Enlighten』バージョン3.12がリリース


このたびリリースされたバージョン3.12では、プローブライティングが大幅に改善されるとともに、Epic社のゲームエンジン「Unreal Engine 4」のリアルタイムレイトレーシングと完璧に調和するようになりました。

広大なシーンを扱うクリエイターのニーズを満たすことを目指し、プローブの自動配置およびピクセル単位のプローブライティングの機能を全面的に見直したことにより、広大なシーン全体に大量のプローブを配置した際のパフォーマンスを大幅に向上させました。プローブの自動配置システムに解像度のオプションが追加されたことにより、広大なオープンスペースにライトを効率的にあてつつ、プリコンピュート時間を大きく削減することが可能です。

また、9月の「CEDEC 2020」で発表された「リアルタイムレイトレーシング+EnlightenによるHybrid型グローバルイルミネーション」の機能は、現在アーリーアクセス版でプレビューいただけます。Unreal Engine 4のリアルタイムレイトレーシングによるグローバルイルミネーションや反射、およびそのほかのレイトレーシングの効果の質を『Enlighten』が更に向上させ、傑出した成果物を作ることが可能です。

バージョン3.12では、そのほかにも多くの改善および修正が含まれています。詳細情報については、下記リンクよりドキュメントおよびリリースノートをご確認ください(英語のみ)。

《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら