ユービーアイが日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』のゲーム内表現に関する経緯を説明 | GameBusiness.jp

ユービーアイが日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』のゲーム内表現に関する経緯を説明

人為的なミスの重なりが理由とのこと。

ゲーム開発 その他
ユービーアイが日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』のゲーム内表現に関する経緯を説明
  • ユービーアイが日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』のゲーム内表現に関する経緯を説明
  • ユービーアイが日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』のゲーム内表現に関する経緯を説明


ユービーアイソフトは日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』において多数の問い合わせが寄せられている2点の問題「流血表現の変更」「暗殺表現の削除」について経緯を説明しました。




流血表現の変更に関する案内に関して


当初、日本語版の表現修正に流血表現の削除が含まれると発表いたしましたが、その後の調査で流血表現が無いことはオプションの設定ミスということが分かり、12月中旬配布のパッチにて修正が可能であることを発表いたしました。

上記に至った経緯としましては、日本語版における表現修正項目の誤認に原因があることが社内調査で発覚いたしました。


今後はこのような事がないよう、管理体制の強化を行っていきます。



暗殺表現の削除に関しまして


最初に、事前の発表ができなかったことについて心よりお詫び申し上げます。
事前に発表した修正項目に関しては、具体的な内容としてテキストにて発表いたしておりましたが、暗殺表現の削除に関しましては社内の情報の受け渡しとその確認体制に不備があり、人為的ミスによって発表から本項目が漏れてしまいました。

ユービーアイソフトはこれらの問題は「人為的なミスの重なり」として謝罪しており、今後は社内体制の強化を行い正しい情報を届けると伝えています。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら