P2Pは危険!?マイクロソフト「Xboxパーティー」接続が完全サーバー制移行 | GameBusiness.jp

P2Pは危険!?マイクロソフト「Xboxパーティー」接続が完全サーバー制移行

P2P接続の場合、IPアドレスを取得した悪意のあるユーザーによりネットワーク攻撃を受ける可能性があるようです。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング
P2Pは危険!?マイクロソフト「Xboxパーティー」接続が完全サーバー制移行
  • P2Pは危険!?マイクロソフト「Xboxパーティー」接続が完全サーバー制移行
  • P2Pは危険!?マイクロソフト「Xboxパーティー」接続が完全サーバー制移行


マイクロソフトは、Xboxのコミュニティツール「パーティー機能」のセキュリティを強化するため、ボイスチャットをP2P接続からサーバーベース接続に完全移行することを明らかにしました。


RedditユーザーのKinoTheMystic氏は「知らないユーザーからのパーティーへの招待を受けないように」と注意喚起の投稿。パーティーのボイスチャットはメインでP2P接続を使用しているため、接続先のユーザーはIPアドレスが確認できる状態であり、悪意のあるユーザーがIPアドレスを使用してユーザーへネットワーク攻撃を行う危険性があると指摘しました。


この投稿に対してXboxチームエンジニアのBill Ridmann氏が反応。問題を改善するため、P2P接続を段階的に廃止してサーバーベースへの移行作業を行っていることを明らかにしています。サーバーベースにすることで、他のユーザーに直接接続することがなくなりIPアドレスが見えなくなるため、悪意のある攻撃は防げるとのことです。


また、Xboxのモバイルアプリを使用したパーティーチャットへの接続は現在すべてサーバーベースになっているため、安全だと付け加えています。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら